マンションを上手に売る方法は?査定依頼をするときのコツや注意点を解説します!

マンションを売る際に、いくらぐらいで売却ができるかを査定でチェックする人は多いです。参考資料…マンション売る … マンション売却の心得

不動産業者への査定依頼はインターネットを利用して簡単にできるようになっていますが、このようなサービスを上手に利用するにはちょっとしたコツがあります。ここでは、査定依頼をするときのコツや注意点などを挙げながら、マンションを上手に売る方法を解説していきます。

住宅ローンが残っているマンションを売るためのポイント

査定依頼をするときのコツ1「事前に相場を調べておく」

あらかじめ売りたいマンションの相場を調べておくことは、査定依頼をするときのコツの1つです。査定を受ける前に自分でも情報を得ておけば、不動産業者から提示された金額が妥当かどうかが判断しやすくなりますよね。

情報を鵜吞みにしてしまわないためにも、おおよその相場は把握しておきたいところです。中古マンションの相場は、物件がある場所の立地環境と築年数でだいたい決まってきます。最寄り駅からのアクセスや周辺環境などは、物件の相場を調べるときの1つのチェックポイントです。

築年数が同じくらいで、立地環境も似ているマンションの売り出し価格などを見ておくと、相場がイメージできるかもしれません。マンションは間取りや物件の階数などでも少しずつ相場が変わります。不動産業者が査定をするときは、このような要素をいくつかピックアップして点数をつけていくのが一般的です。

マンションの場合は、高層階の物件のほうが相場が高くなる傾向があります。相場を調べる際に役立つのが、中古マンションを取り扱う不動産業者のサイトや毎年発表される地価公示、国土交通省が運営している土地総合情報システムなどです。

査定依頼をするときのコツ2「複数の不動産業者を利用する」

複数の不動産業者を利用することも、マンションの査定依頼をするときのコツです。インターネットなどで検索をすると、中古マンションの査定を行っているいろいろな不動産業者がヒットします。サイトから依頼ができる机上査定は、築年数などの基本的な情報だけでおおよその価格がわかるのが便利な点です。

このようなサービスは無料で利用できることが多く、複数の業者に依頼しても費用はかかりません。同じ地域の物件を扱う不動産業者でも、マンションの査定額が同じとは限りません。悪質な業者に引っかかるのを避けるためにも、査定はいくつかの業者で受けておくのが良い方法です。

複数の不動産業者を利用してみると、提示された金額や業者側の対応の違いなどがわかってきます。査定額を見比べれば、極端に安い価格をつけた業者や最高価格をつけた業者がすぐにわかりますよね。金額を客観的に判断するためにも、査定額を比較するプロセスは大切です。

不動産の場合も査定だけを利用することはもちろん可能です。査定を受けても、必ずその業者に買取を依頼しなければならないわけではありません。「とりあえず売却価格を調べておきたい」というときに気軽に利用できるのが不動産業者の査定サービスです。

査定依頼をするときのコツ3「勧誘を避けたいときは匿名で査定を受ける」

不動産業者からの勧誘を避けたい人は、匿名で申し込みができる査定サービスを利用するのもコツです。「HowMa」などの一部のサイトでは、AIを使った匿名査定を行っています。匿名査定は、最初に自分の名前や連絡先などを登録する必要がないことから、勧誘を受ける心配がありません。

一般的な無料査定では、不動産業者の担当者から後日に確認の電話などが入るケースが多々あります。連絡にかこつけて勧誘などを行う業者もいるため、すぐに売るつもりがないときは少し煩わしさを感じるかもしれませんね。

「とりあえず大まかな金額だけわかれば良い」というときは、AIを使った匿名の査定を受けてみると良いでしょう。一括査定のサイトなどを利用した場合、複数の業者から電話やメールで立て続けに連絡がくることも考えられます。

ゆっくりと考える時間を確保したいときにも、匿名査定は役立つでしょう。

査定依頼をするときのコツ4「室内や共有部分の環境を良くしておく」

査定依頼をすることが決まったら、売りたいマンションの室内や共有部分の環境をできる限り良くしておくのもコツです。

インターネットなどから机上査定を申し込むと、不動産業者の担当者が実際に物件を見にくる訪問査定が行われるケースもあります。マンションの場合、一戸建てと違って外観を自分で変えることは困難です。ただ、ベランダなどの共有部分や室内環境を良くすることはある程度できます。

訪問査定はあらかじめ日時を決めて行われるのが一般的です。ただ、近所に店舗がある不動産業者などは、突然営業訪問に来ることがあるかもしれません。突然の訪問に慌てないためにも、目立つゴミや不用品などは片づけておきたいところです。

築年数が経過している中古マンションは、一部をリフォームして売る方法もあります。具体的なアイデアがあるときは、査定の際に担当者に相談してみましょう。

マンションの売却価格は査定額と異なるケースもある

マンションの査定で少し注意したいのが、査定額と現実の売却価格が変わる可能性があることです。不動産業者では直近の3カ月間に売れると見込んだ金額を査定額として提示します。不動産の相場は常に変動しているため、査定を受けた時期から3カ月以上経ってしまうと査定で提示された金額でマンションが売れないケースも出てきます。

買い手がなかなか見つからず、売り出し価格を値下げしなければならない場合は、当初の査定額で売るのは少し難しいかもしれません。リスクを避けたい人は、マンションの仲介と合わせて買取も行っている不動産業者を利用するのが1つの方法になってくるでしょう。

不動産業者によっては、仲介を依頼された物件の買取にも対応しています。こういった業者を利用すると、買い手がなかなか見つからないときや価格交渉がうまくいかないときなどに、不動産業者にマンションが売ることができます。

最適な不動産業者は売却までのスケジュールや目的で変わる

最適な不動産業者は、マンションを売るまでのスケジュールや目的によっても変わってきます。例えば、できるだけ早く売りたいときは売却と買取を手掛けている業者や買取保証がある業者が適しています。ただ、不動産業者に直接売る場合は価格を釣り上げることは少し難しいです。

買取も行っている不動産業者を利用すると最短のスケジュールで売れることが多いですが、売却価格には妥協しなければならないケースもあります。高く売りたい場合は、良い買い手を紹介してもらえそうな業者を利用するのがベストです。

それまでの売却実績などを基準にして、実力のある業者を選ぶのがこのような場合のアプローチになるでしょう。不動産業者の利用者層や得意分野などをチェックしておくと、理想の買い手を見つけやすくなるかもしれません。

法人、個人のいずれとの取引が多いかなどは不動産業者をチェックするときの1つのポイントです。